スポンサーリンク

【もう失敗ゼロ】ネットで服を買うときの注意点!ポイント3つおさえれば無敵

ファッション
スポンサーリンク

もう二度と失敗しないネット購入術

今回は、タイトルにもある通り、『もう失敗しない!ネットで服を買うときの注意点』を解説していきたいと思います!ネットで買い物、失敗した苦い経験のある人も多いのではないでしょうか。きっと一度はありますよね。

特に服は、ネットだけでは分かりにくいですよね。サイズ感や色、素材感が思っていたのと違うかったなんて事はよくあるはず。最悪の場合、偽物のブランド物を買ったなんて事もあったかもしれません。

サイズ、色に関しては私も過去にありました。。。けどもう大丈夫です!そんな失敗をなくす対策のポイントは次の3つです。

①サイズ対策:徹底的にめっちゃ測る

色味、素材対策:違う角度の写真を探す

偽物対策:品番を答え合わせ

この3つさえ抑えていれば、絶対失敗しません。95%言い切れます。(笑)では、ひとつづつ解説していきますね!

①サイズ対策

これは単純なんです。計測ですね。

ネット・通販で服を買う時って、フリマじゃない限り基本的にサイズが表記されていると思います。商品説明や詳細とかに書かれている事が多いです。

おもに表記方法としては以下に2つがメジャーです。

⑴服のサイズが記載

トップス・アウターならば、基本的には身丈or着丈、肩幅or 身幅、袖丈などが◯◯cmと書かれています。

この場合ですと、そのサイズをメジャーで自分の身体に当てて測ります。

⑵モデルのサイズと着用サイズが記載

写真のモデルの体型と着用サイズが表記されているタイプです。モデルの身長、バスト、ウェストが◯◯cmと記載された上で、着用Sサイズというように書かれています。

この場合は、自分の身長に置き換えて、『これくらいの丈かな?』とかっていう様にイメージします。モデルと自分を比率で置き換えるイメージです。

+α 私の場合は更に調べます!

これまでの計測だけでも充分ですが、私の場合、更に調べますww 例えば⑵のモデルのサイズ情報と着用サイズが記載されてるパターンでしたら、他のサイトでも同じ商品を調べます。そうすれば、別のサイトでは、⑴つまり、その服自体のサイズ、身丈や肩幅とかが記載されているんですよね。

つまり、複数のサイトを調べて、⑴と⑵の情報を両方ゲットする!ということです。

両方の情報をゲットしたらもう失敗しないです。また、自分の持ってる服の中で、実際に買いたい商品と同じサイズの服を着たりしてイメージします。これだけやれば、サイズで失敗することはありません。私もこれをやり始めてからは全く失敗しなくなりました

②色・素材対策

こちらは、ひたすら色んな角度の写真を探します

はい、色や素材って、見る角度によって色味や風合いが違ってたりしますよね?あとは、販売に使われているその写真が加工されてる場合もあるかもしれません。

なので、それぞれ販売されているサイトによって、使われてる写真、モデルや場所とか違っていたりしますので、私はいつも複数の違った写真をググり続けます(笑)

とはいえ、それらってほとんどプロが撮ってますから、私はそれに加えて、あえてメルカリで一般人が撮影した写真も探します(笑)更に商品名を画像検索でググると画像だけが出てくるのでそれもオススメです。

とはいえ、結局実物を見るのが早いですから、店舗に商品が売ってる場合は見に行ってみて下さい。そしてネットで同じ物を安く買うのもアリです。

③偽物対策

これはブランド品に限った話にはなりますが、ネットでブランド品を買う時って、めっちゃドキドキしますよね。私はします(笑)なので基本公式通販で買いますが、有名じゃないサイトとか、バイマの時なんかは不安になるのではないかと思います。

そこでこの対策としては、品番を確認して下さい

本物だったら、基本的に品番がページに記載されてると思います。品番をメモして、そのブランドの公式ホームページで照合して下さい。公式ホームページには各商品、品番が必ず書いてます!

あとは、口コミをそのページであったり、ネット検索で調べます(笑)保証書が付いているかとか、販売者にその辺りを直接聞いて確認してみるのも有効的です。

東京ガールズコレクション公式通販【SHOPLIST.com】

まとめ

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

今回は、失敗しない、『ネットで服を買う時の注意点』をご紹介致しました。

ご紹介した3つの対策を実践すれば、イメージと物が届いた・・・なんてことはほとんど無くなると思います。是非、実践していって下さい♪

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました