スポンサーリンク

【龍山寺】正しい参拝・おみくじの方法一番詳しく解説!行き方も!台湾・台北のご利益のデパート

台湾
スポンサーリンク

台北で大人気のご利益の百貨店に女一人旅

龍山寺の入口

ご利益のデパート龍山寺とは?

香炉の写真

龍山寺、読み方は「ロンシャンスー」です。

台湾旅行には欠かせない、というほど大人気な観光スポットとされているのが、この「龍山寺」!

地元の人々にも大人気です。
一年を通して、参拝客で賑わっています。

私は、一人旅でしたがしっかり行ってきました(笑)

そして、その愛称は、「御利益のデパート」「御利益の百貨店」と言われています。

なぜか?というと、ここは、平安・健康・学業・恋愛、他にも沢山の強いパワーをもつ神様が祀られており、御利益という御利益が詰まっているお寺なのです!

そしてなんと、大小合わせて100以上の神様がいらっしゃるとのこと。

1738年に創建されたというので驚きです。290年以上と、台北で最も歴史のあるお寺とされています。

建物も壮大で見応えありました。

詳しい参拝方法と、あとおみくじも少し変わっていて、とても当たると有名です。そちらも解説していきますね!

アクセス・行き方

最初の門と電光掲示板

龍山寺は、地下鉄の龍山寺駅の1番出口を出てすぐにあります。

台北市万華区に位置します。

営業時間は、6:00〜22:00です。
定休日は無く、年中無休

住所は、211 台湾台北萬華区広州街211号No.211 Guangzhou Street,Wanhua District, Taipei

正しい参拝方法を徹底解説

入って入り口側にあるのが前殿、その前にあるのが本殿です。そしてその裏にあるのが後殿

龍山寺には7つの香炉があり、7つの香炉にお線香を一本ずつ置いていきます。

前殿、本殿の二箇所と、後殿に五箇所の香炉があります。

左足からいざ中へ!

龍山寺の入口と道路

まず、この大きな門をくぐりますよね。

最初の門をくぐった広場

すると少しひらけた広場みたいな場所。ここの建物の右側に行くと、入り口(龍門)があります。左側は出口(虎門)です。

早速注意ですが、入る時は左足から入りましょう。あと、敷居は踏まないように!

入り口を入ると右手に売店があります。

お線香は7本で 10元、ろうそくは日本で20元で売られているので是非購入しましょう。

ロウソクを立てる

前殿のフルーツが置かれた台

中に入ると、フルーツなどが沢山置かれている台があります。この左右に、ロウソクを立てる台があるのでそちらに立てましょう。

ちなみに、この台よりこちら側が前殿。写真の奥にあるのが、本殿。

まずは本殿と前殿の間の香炉で参拝

ロウソクを立てた台の近くに、線香用の点火所があるのでそちらで、点火して、いざ参拝です。

最初の参拝を示す香炉

まず、本殿と前殿の間にある香炉で参拝します。

因みに、香炉とは、お線香を刺す所です。

お線香は、頭より上に持ちます。

そして、次の順に、神様に自己紹介をお伝え下さい。

ここは日本語で問題ございません。
・名前
・生年月日
・年齢
・住所
・お願い事

お願い事は、詳しく、具体的に!

自分がどんな人なのか、神様に伝えないと、神様も願いをちゃんと叶えられない、とのこと・・・たしかに!笑

そして最後に、三回お辞儀をします。

終わったら、香炉にお線香を一本、投げるように入れます。

御本尊・聖観世音菩薩に参拝

続いて、本殿の御本尊である聖観世音菩薩に向かって参拝します。

香炉は、本殿の手前にあります。

本殿の香炉

先程の香炉の奥に見える香炉です。

先程と同じ手順で、自己紹介〜お願い事をし、三回お辞儀をします。

そして、本殿前の香炉にお線香を一本投げ入れます。

後殿の神様に参拝

本殿の参拝が終わったら、後殿の神様に参拝です。

後殿は、本殿の右側から入ることができます。

後殿への入口

そして、反時計回りの順で参拝していきます。

参拝方法は、同様。自己紹介から始めてお願いしましょう。

後殿には、沢山の神様がいらっしゃいます。

主な神様
・文昌帝君 学問の神様
・馬爺 出世の神様
・紫陽夫人 学業の神様
・城隍爺 土地や街の守る神様
・龍爺 雨の神様
・水仙尊 貿易と海の神様
・太陽星君 自然の神様
・太陰星君 美の神様
・註生娘娘 子の神様
・池頭夫人 安産の神様
・十二婆者 註生娘娘と共に12ヶ月を分掌
・華陀仙 医術の神様
・三官大帝 天、地、水を管理し守る神様
・関聖帝 三国志の関羽。商売の神様。
・地蔵王菩薩 地獄、極楽行きへの管理をする神様
・月下老人 縁結びの神様。

大勢いらっしゃいますね〜!

自分の願いに合う神様へ参拝しましょう!

これで、参拝は終了です。

おみくじの引き方!手順は簡単

添えられたフルーツ

おみくじは無料で引く事ができます!が、簡単に引かせてもらう事は出来ません(笑)

ここのおみくじの引き方は、日本とは異なりますので、是非知った上で挑戦してみて下さい♪

場所は、前殿にあります!前殿にいけば、すぐに分かると思いますよ。

赤い木片で神様に確認

まず、神様に、おみくじを引いても良いか、確認しないといけません。

赤い三日月の形をした木片(神筈)が沢山入っているボックスがあるかと思います。因みに、横には、木棒がたくさん入っている箱がある場所。

木片を2つ手に取り、手のひらで挟みます

そのまま、次の事を神様に伝えます。

・名前
・住所
・生年月日
・お願い事

お願い事は、とにかく詳しく具体的に!しかし、お願い事は、一回につき一個です。

そして、両手を離し、木片を落とします!

結果は、次の通り。

・表と裏(聖杯)
おみくじを引いて良し
・表と表 (陰杯)
神様がお許しにならない。または怒っています。もう一度、最初からやり直し。
・裏と裏(笑杯)
お願い事の内容不明、と神様が笑っています。もう一度、最初からやり直し。

最初から、とは、箱から木片を取り、自己紹介、お願いをする所からです。

許可が出たら、おみくじを引く

見事、表と裏が出たら、木の棒が沢山入った箱から、一本引きましょう。

そして、引いた後、もう一度神様に確認。

なにを確認するかというと、
「本当にこの番号のおみくじでいいですか?」という確認。

方法は同様。木片を2つ取り、自己紹介して、木片を落とします。

そして3回連続で、「表と裏」が出ればOKです!

「表と表」「裏と裏」なら一番最初の「おみくじを引いていいかの確認」から行いましょう。

OKならおみくじを頂く

神様に確認をしてOKが出たら、おみくじの番号を覚えて、棒を戻します。

そして、近くにある引き出しから、自分の番号のおみくじを取りましょう!

ちなみに、おみくじに書いてある、「良い」順は、「大吉、上上、上下、下下、(空白)」です。

おみくじを解説してもらおう

おみくじを引いたは良いけど、中国語なのでなにがなんだか分からないですよね(笑)

そしたら、おみくじを持って、「解籤處」へ行きましょう。

土日ならば、日本語で解説してくれるスタッフがいる確率が高いです。

さいごに

本殿

参拝は、「沢山神様がいるので大変」と思うかもしれませんが、だからこそ、御利益も多いと言われているのでしょう!

そして、おみくじは、なんと言っても「表と裏」が出るまで、やり続けるのはなかなか大変ですよね(笑)

けれど、だからこそよく当たると言われるのですね。

是非、訪れた際には、しっかり参拝して、おみくじにもチャレンジしてみて下さい!

そして、沢山の神様が祀られているだけに、御守りの種類も非常に多いです!!

そして、日本の神社や寺院に比べると非常に安い

しっかり自分の祈願に合ったお守りを買って帰りましょう♪

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました