スポンサーリンク

【LA・LACMA】あのポールが立ち並ぶインスタ映えスポットはロサンゼルスカウンティー美術館!

ロサンゼルス

アメリカ西部最大の通称ラックマ。外も中も満喫できる!

スポンサーリンク

LACMA美術館とは?

街灯ポール

正式名称は、LosAngeles County Museum of Art。略して、LACMA(ラックマ)美術館と呼ばれております。ロサンゼルス郡立美術館とも。

ロサンゼルスにある、ここLACMAが、アメリカ西部最大の美術館!

なんと7つもの建物から成っており、広大な敷地に加え、世界中の古代美術から現代美術館まで、多種多様なアートや作品が展示されております。
日本の物まで展示されていたりですが、あの有名なピカソの絵画もございました。

そして、館内に入らなくても、楽しむことが出来るのもLACMAの醍醐味。一番有名なのは、街灯のようなポールが立ち並ぶオブジェですよね。

アクセス・他の詳細情報は、下記にまとめますね!

【開館時間】
日曜日:10:00〜19:00
月曜日:11:00〜17:00
火曜日:11:00〜17:00
水曜日:定休日
木曜日:11:00〜17:00
金曜日:11:00〜20:00
土曜日:10:00〜19:00

【料金】(2019年現在)
大人:$25
シニア(65歳以上):$21
子供(17歳以下):無料
毎月第2火曜日は無料!!

※昔より値上がりしています。HP参照
https://www.lacma.org/

【住所】
5905 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90036

チケットの事前予約方法

LACMAの入場チケットは、ネットで事前に購入することができます。

到着してから、並ぶ必要がないので便利!

順を追って、予約方法を説明しますね。

【予約の手順】
①まずは、HPへ。
https://www.lacma.org/
②メニュー欄から「get tickets」を選択
③カレンダーから日付を選択
④次に人数を選択。一般の大人は「Adult」を選択
「Add to cart」をクリック
⑥確認をして、「Checkout」をクリック
(MyCartの下部にあるSupport the LACMA fundは、寄付の説明。Donateは寄付をする事なので、寄付しなければスルー)
⑦ログインと下に登録の画面があるが、今後頻繁に来る予定がなければ、その下の「Checkout as a Guest」を選択
⑧必要事項を入力していって、購入完了です!

現地でも当日券が買えますが、並んでいる可能性を考慮すると、事前予約の方が効率が良いかと思います♪

外は無料で楽しめる!

LACMAは多くの棟からなっているため、多くの展示品がありますが、実は、外側でもかなり楽しめます。

大人気の街灯ポール

街灯のオブジェ

ラックマを訪れるのは、これがお目当ての方も多いはず!

皆さんが一番知っているであろう、この街灯ポールは、入場前。そうです、無料。

街灯オブジェ

そして、なんと言っても、夜のライトアップが美しい♪

https://collections.lacma.org/

ここは、かなりインスタ映えですね〜!私も沢山写真を撮りました。

このポールが一番有名ですが、他にもフォトジェニックな場所は敷地内に多々あります。

有名人もインスタにアップ!

私が写真を撮ったのはここ。

ローラさんがインスタに載せていて、恥ずかしながら同じ場所で同じポーズで撮影しました。(笑)

View this post on Instagram

OoTd👁👁

ROLA🇯🇵さん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

Rolaと同じ場所で撮影

ローラ様には完敗。(笑)恐縮サイズにしときました(笑)

私が行った時は、空が曇っていましたが、天気がいい日はかなり映えますね!

館内では芸術を堪能

チケットを事前予約していなかった人は、ポールの奥にあるチケット売り場でチケットを購入し、中へ。

館内の入り口には、こんな大きなオブジェがありました。なんかすごい。。

入口のオブジェ

ん〜、まず、全体的に館内が大きすぎる!広すぎ!!

数時間で全てを回ることは出来ません(笑)

目的の展示物を決めて回るか、時間を決めて回るかした方が良いです。

アメリカ、ラテン、中東、アジア、非常に幅広い範囲に加え、歴史から近代美術までありますから。

私は、非常に失礼ですが、ルーヴル美術館に行った後だったので、それを超えはしないだろうと、あんまりじっくり見る気はなく、ブラブラ回る予定でした(笑)

けれど、歴史的なモノと、近代的なものモノ同じ美術館で観れるのが非常に良かった。

ニューヨークで言うと、メトロポリタンとMOMAが合体した感じ!

ピカソが多かった

そして、驚いたのは、ピカソの多さ!

この独特のタッチの絵を見た瞬間、嬉しかった〜(笑)

パブロ・ピカソの作品

そしてピカソといえば、数人の人物を一つの額に描かれたイメージが強かったのですが、ラックマには、肖像画が多くあり驚きました。

パブロ・ピカソの肖像画作品達

ピカソのこのパターンは私は初めて観たかも・・・

パブロ・ピカソの肖像画作品2

いつもこの独特な絵は、何故か引き込まれますね。

変わった不思議な絵も

そして、私は何故かこの絵をカメラに収めていました。

シモン・ヴーエの作品

何故か引き込まれたのでしょう(笑)

よく見ると、薄く、天使の輪が描かれていたのです。とても興味を持ってしまいました。

シモン・ヴーエの作品アップ

ちなみに、作者はシモン・ヴーエ。是非探してみて下さい。

現代美術発見

こんなのがありました!

大きなビリヤード球

大きなビリヤードの球!!!

なんだか小人になった気分で、お洒落でした。近代美術ですね。

案外じっくり目に焼き付けて見ていたのか、写真が少なかった・・・

まとめ

いかがでしたか??載せてる写真は少ないですが、魅力的な美術品が大量にありました!

けど正直に言うと、もちろんルーヴルやメトロポリタンには劣ります。笑

しかし、何が良いって、中では美術品や芸術品を鑑賞して楽しめて、外ではインスタ映えで撮影が楽しめるってとこ!!

このハイブリッドに関しては、三大美術館顔負けかな?(笑)

LAに行った際には、是非訪れてみてはどうでしょうか?

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました